【本を出版】モテる外見になる15の改善術【Kindle Unlimitedなら30日間無料で読めます】

【対処法あり】「学校に行きたくない」あなたへ、体験談を紹介【中学・高校生】

学校に行きたくない

学生のなかには

男性

・学校に行きたくない、、、
・でも行かないと、、どうすれば良いの?

という人が多くいると思います。

 

事実、ボク自身もそうでした。

とある理由から高校時代に「学校に行きたくない」と心の底から思い、めちゃくちゃ悩みましたね。

インキャン

人生のどん底状態だった。

 

が、それを乗り越えて、卒業することができたんですよ。

今回はそんなボク自身の『体験談』を紹介していきます。

さらに今の中学生や高校生に向けて『思うこと』『対処法』も紹介しますので、是非最後までご覧頂ければ幸いです。

この記事で分かること
✔学校に行きたくない・体験談
✔学校に行きたくない・今の子に思うこと
✔学校に行きたくない・対処法

 

「学校に行きたくない」と思ったボクの体験談

ぼっちで悩む人

高校3年の頃、心の底から「学校に行きたくない」と思っていました。

理由は『クラス替え』のせい。

新しく始まるクラスにて、全く知り合いがおらず、ぼっちになったためです。

まぁ元々、友達の数は少なかったんですけどね。

 

ボクは人見知りだったため、新しい人物に喋りかけるのが本当に苦痛でした。1年生時なら「勇気出して喋ろう」と頑張れましたが、3年生だったため難しい。

それにクラスに入った瞬間、もう皆グループができていたため詰んでたんですよ(笑)

 

インキャン

あぁぼっち生活だ、、。終わった

と、悟って、新学年初日から病みました。。

これが「学校に行きたくない」と思ったボクの経験談となります。

 

人生終わりと思っていた

人生終わった。。

と、高校生ながら、マジで思ってました。

いやまだまだこれからだよ!と今なら言えますが、この頃は本当にキツかったですね。

 

クラス内での「ぼっち」ってツラくないですか?

みんなの視線を浴びながら昼ごはんを食べる時、休み時間中に楽しく会話する周りの様子を聞きながら机に伏せて寝てる時。。

インキャン

オレ、なんで生きてるんだろう。わざわざ早起きして、ツライ環境に登校するの意味わからん。

とか思って悲しみに溢れてましたね。

 

でも行かなければいけないツラさ

休みたい、学校辞めたい。。と本気で思ってました。

幸い「人生を終わらす」という考えは選択肢に無かったので良かったですが。

それでも親に言われたり、お金面だったりを考慮して【学校に行かなければいけない】という選択を、せざる終えないのがツラかった。

インキャン

ですがこの頃、学校辞めてバイトして通信高校通おうとか勝手に考えてましたね。

 

ボクは高熱を出した

見出しの通り。

ボクは学校に行きたくなさすぎて、謎の高熱を出しました(笑)

38〜39度ぐらいでましたね。

インキャン

これが「病は気から」か、

そのため数日休むことに。まぁ行きたくなかったので、結果オーライでしたね。

 

で、結局、高校時代どう乗り越えたのか

冒頭でも言いましたが、ボクは「ぼっち」で学校に行きたくないと思いながらも、乗り越えて卒業しました。

乗り越えた方法を簡単に言うとこちら↓

  • ぼっちで過ごす覚悟を決めた
  • 受験勉強に集中しようと思った
  • 周りの人達を見下す最悪な心情になった
  • 将来絶対にバカにした人たちを見返すと決心した

このような考え方をしたため、卒業まで乗り切ることができました。

 

「対処法」の詳細に関しては、後述するので最後までご覧ください!

 

当時を思い出して言えること・・

「学校に行きたくない」と思った1年は、本当に長かったです。時間の流れがマジで遅かった。

ただ案外、良い思い出でした。

「良い」は言いすぎかもですね。でもボクの人生を変えた1年になったとは思います。

事実こうやって、経験を記事にしてますし、YouTubeに学校関連の動画も投稿しています。

 

というのも「ぼっち」になってバカにされるような視線、会話をされたため

インキャン

絶対に見返してやる!!!!

という反骨心に変わったんですよ。

この心情のおかげて、頑張れている今があると思うと、あの1年はムダでは無かったと思います。

 

「学校に行きたくない」という中学・高校生向けて、今思うこと

学校に悩む人

「学校に行きたくない」と思いながら乗り越えた、ボクだからこそ分かることがあります。

この見出しでは、今ボクと同じ悩みを持っている中学生や高校生に向けて思うことを解説していきます。

 

人生全く終わってないと分かった

中学生や高校生の頃に悩んだ人は、「人生終わった」と思う方が多いはず。

ボクもそうでしたからね。

でもそれはしょうがないこと。だって数十年生きた経験から考えでることだから、そう思ってもしょうがありません。

 

ただ最悪な1年の学校生活を乗り越えた今だから思うのですが、

ガチで人生これからです。

まだまだ全く終わってません!!

ということを伝えたいですね。

 

これから大学生・社会人と続きますし、人生100年時代と言われている中での数十年なんて、まだまだですから。

それに大学行って分かったのですが「ぼっち」が多かったんですよ。

昼ごはんに1人でご飯食べてても、何も思われません。むしろ普通でした。

 

そのためかなり過ごしやすくて、楽でした。

インキャン

大学時代に色々と経験を積むこともできましたし!

そのため今だから思うのですが、中学・高校の時点では人生全く終わってないかと!

 

人生終わらすのはダメ

これを1番伝えたいのですが、人生終わらすのはダメです。

「学校に行きたくない」から人生終わらすは、絶対いけないとボクは思います。

というのも、色んな道筋や選択肢があるため。

 

最終手段、学校を辞めるという選択肢もありますからね(難しいけど)

簡単に言えないことは重々承知しています。。ただ終わらすのはダメかと。ということを伝えたいです。

 

数日休む、行かないのはありかと思う

ただ「学校行きたくない」人は、数日休んだり行かないのもありかと思うんですよ。

休んでる間に色々考えれますし、対策が思いつくかもしれません。

ボクみたいに、覚悟を決める勇気を持つ時間になることもありますからね。

 

行きたくないと思いながら、連続で学校に登校するのは、そりゃ病みます。

ツライです。

そのため数日間休むのも、1つの手ではないでしょうか。

 

この経験があなたを強くする

今だからこそ言えます。

その「学校行きたくない」という思いは、いつか良い経験だったと変わります。

ボクみたいに、見返してやるという反骨心に変わるかもですからね。

 

それに同じ経験をした人に対して、優しくなりますし。

そもそも「悩む」経験をした人は、他の人と比べて頭を使ったということですよ。

何も考えずに生活するよりかは、新たな考えや価値観が得られやすい利点かと。

 

そのため「学校行きたくない」の経験は、いつかあなたを強くするメリットへと変わるでしょう。

 

「学校に行きたくない」という中学・高校生向けの対処法

人を助ける様子

最後に「学校に行きたくない」という中学・高校生に向けた具体的な対処法を紹介していきます。

それがこちらの5つ↓

  • ①とにかく寝よう
  • ②散歩しよう
  • ③紙に書こう
  • ④本を読もう
  • ⑤相談しよう

順に解説していきますね。

 

対処法:①とにかく寝よう

まず寝ましょう。

本当に睡眠する必要はありません。ゴロゴロと横になって目をつぶるのが対処法です。

理由は「体と心が休まる」からです。

 

学校に行きたくない人は、ほぼ確実に心が病んで疲れています。

それに何もしたくないはず。

ボク自身も悩んでいた時、ほぼずっと寝てましたね。とりあえず休むのが対処法の1つです。

 

対処法:②散歩しよう

2つ目が散歩しようです。

寝て体を休めたあとは、外に出て太陽を浴びて散歩するのがオススメ。

というのも、太陽の光を浴びると「セロトニン」が活性化するためです。

 

詳細は割愛しますが、そのおかげで気分や感情を安定させてくれます。結果的にストレスの緩和につながります。

 

ボク自身も悩んだ時、よく「散歩」しますね。

景色を見ながら歩くだけで、結構落ち着くんですよね。それに新しい考えや対策が浮かぶ可能性が高いです。

インキャン

散歩していると、創造性が高まり、アイディアが出やすいらしいよ!

 

対処法:③紙に書こう

3つ目が「紙に書こう」です。

何を悩んでいるのか、なぜ悩んでいるのかを紙に1つずつ書いていきましょう。

例えばボクだったら下記ですね。

【何に悩んでいる?】

  • ぼっち
  • 昼ごはん1人が苦痛

【なぜ悩んでいる?】

  • 周りの目線が痛い
  • バカにされてるような気がする

フワフワしている悩みが、はっきりとわかります。これだけでも、結構悩みの量が減った気がしますよ。

 

そしてできる人は、対策も記載していきましょう。例としては下記。

【ではその悩みをどう解決する?】

  • 友達を作る⇒難しい
  • 喋りかける⇒難しい
  • 学校辞める⇒難しい
  • 喋りかけられたら仲良く接する⇒可能
  • ぼっちを覚悟して生活する⇒一応可能

という感じですね。

 

頭の中で悩むよりも、紙に書いたほうが思わぬ対策がでてくるかもしれません。

悩みが明らかになることで、わかることがありますからね。

 

そのため「学校に行きたくない」人は、理由と対策を紙に書くのが対処法となります。

 

対処法:④本を読もう

4つ目が「本を読もう」です。

理由は、新しい考えや価値観が得れるため。

例えば下記ですね

 

クラス替えで「ぼっち」になったボクのような人は、上の本を読むだけでも結構悩みが解決するかもしれません。

そのため本を読むのがかなりオススメ。

 

上で紹介した本は、こちらの記事で詳しく解説しているので、気になる人はどうぞ。

学生にオススメ本5冊紹介【必見】学生にオススメな本5冊を紹介【無料で読む方法あり】

≫【必見】学生にオススメの本を5冊紹介【無料で読む方法あり】

 

対処法:⑤相談しよう

最後が「相談しよう」です。

理由は誰かに話したり、悩みを明かすことでスッキリするため。

自分の心の中で隠していたら、いつか爆発する恐れがあります。

 

とはいっても、誰にも言えない悩みもありますよね。

ボク自身も、友達には言えなかった。。

そんな人は『ココナラ』を使ってみてはいかがでしょうか。

1対1の完全非公開トークルームで、悩みを打ち明けることができますよ。

 

チャットをするだけでも、心が落ち着きますからね。

多少のお金はかかりますが、人生真っ暗状態に少しでも光が入るなら、損はしません。ちなみに今なら「20%オフ」や「300円割引」の限定クーポンが発行中。

損せずに悩みを対処したい人は、今のうちにお試しください。

 

≫ココナラで相談してみる

 

学校に行きたくない体験談【中学生・高校生に向けて】:まとめ

ということで「学校に行きたくない」体験談と、対処法などを紹介していきました。

かなりツライことは、重々わかります。

ただボクの経験上「意外と良い経験だった」と、数年後思うこともあるはずです。

 

悩んでいるあなただけに得られる『強み』『利点』がありますからね。

本記事が参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

≫ココナラで相談してみる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です