モテる外見になる15の改善術【陰キャ→陽キャ身なりノウハウ】

スト値が改善:8つの髪型セット手順【ヘアスタイルは大事です】

スト値改善・髪型セット方法

 

男性

・髪型でスト値は変わる?
・スト値が変わる髪型セットとは?

こんな疑問にお答えします。

 

結論:髪型によってスト値は大きく変化。

それもそのはず、イケメンかどうかを判断する【顔】の大多数を髪型が占拠してますからね。

 

つまり髪型だけでスト高になることが可能。

そこで今回は、スト値が改善する「8つの髪型セット手順」を紹介していきます!

この記事で分かること
✔スト値・髪型で変わる?
✔スト値・8つの髪型セット手順
✔スト値・髪型セットの注意点

 

≫スト値上げアイテム7項目【初心者向け:コスパ良き】

 

スト値は髪型で変わるの?

髪型を変える男性

繰り返しますが、髪型によってスト値は大きく変化します。

それはイケメンかどうかを判断する顔を、ヘアスタイルによって誤って認識させられるため。

 

例えば下記のこと。

  • オデコが広い⇒前髪で隠す
  • 頭の形が面長⇒サイドの髪量を増加

こんな感じで、髪型により顔のコンプレックスを隠すことができます。

ので、必然的にスト値はUP。

 

それにどう考えても、髪型セット前or後では印象が全く違いますからね。スト値に関係するのは言わずもがな。

 

スト値変えたいなら美容院へ

スト値を変えたいメンズは、床屋ではなく美容院に行きましょう。

理由は「美容院」といのは、容姿を美しくするためのカットをするため。

スト値を改善できる、下記のヘアスタイルをカッコ良く仕上げてくれます。

  • 最近流行りの髪型
  • 細かい注文の髪型

 

もちろん床屋よりは、金額が高め。

ただ、本気でスト値を変えたいなら、髪型に自己投資すべきなのは明白です。

ホットペッパービューティーなら自分の金銭にあった店舗が探せますよ!

どんな髪型がスト値高い?

男性

どんな髪型がスト値高いの?

という方に伝えたいのが、それは人によって異なるということ。

というのも、人それぞれ顔の形・大きさ・印象は変わりますよね。

つまり似合う髪型は違う。

 

ですので、スト値が変わる髪型というのは個々によって自ら研究する必要あり。

が、美容院に行けば自分に似合うヘアスタイルを教えてくれますよ!

 

スト値が改善【8つの髪型セット手順】

髪セットをする用品

スト値が改善するための、髪型セット手順がこちらの8つ。

  1. 水でぬらす
  2. くしでとかす
  3. ヘアオイルをなじます
  4. ドライヤーで乾かす
  5. ヘアアイロンで形つくり
  6. ワックスで立たす
  7. テールコームで最終セット
  8. ヘアスプレーで固める

順に詳しく紹介します。

 

髪型セット①:水でぬらす

一番初めに髪を水で濡らしましょう。

これは寝癖などを、いったんリセットするため。

髪先を少し濡らすのではなく、髪の根本まで濡らすことを意識してください。

要するに風呂上り状態ですね。

 

タオルドライ

セット手順に入れませんでしたが、濡らした後「タオルドライ」をしてください。

くだけて言うと、タオルで髪を乾かすこと。

完全に水分をとるのではなく、半乾きの状態にします。

 

できるだけ髪に刺激を与えないように、優しく水分を拭き取りましょう。

 

髪型セット②:くしでとかす

半乾きの後は、くしで髪をとかしましょう。

というのもタオルドライ後は、髪の水分量が均一ではないから。

自分でやってみればわかりますが、毛先は乾いてるけど髪の根本は乾いてない状態です。

 

「根本⇒毛先」に水分をもっていき、均一にするためにもくしで髪をとかす必要あり。

アライブ

くしでとかすと③.④の手順がしやすくなるよ。

 

髪型セット③:ヘアオイルをなじます

次にヘアオイルを馴染ますことで、髪のスト値が変わります。

ヘアオイルとは洗い流さないトリートメントのこと。

これをつける理由は下記です。

  • 髪にツヤ感がでる
  • ドライヤーの熱から保護
  • スタイリングしやすくなる

髪型をセットするにあたって、メリットしかないので損したくない方は使うべし。

 

オススメのヘアオイルは「ロレッタ

ツヤのある髪にさらっと仕上げるため、メンズでも使いやすい。

それに加え、ベタつきにくいので失敗したくない男性はロレッタのヘアオイル1択。

 

髪型セット④:ドライヤーで乾かす

この「ドライヤーで髪を乾かす」手順が、スト値を変えるうえで最も大事。

それは髪の毛が、濡れてる⇒乾くの瞬間に動きが固定されるため。

つまりドライヤーによって、ヘアスタイルが決まるといっても過言ではありません。

 

一番覚えるべきなのが、髪の根本から乾かすこと。

根本を持ち上げながら乾かせば、ボリュームを出したスタイリングが可能です。

スト値改善のためには、このドライヤー作業は欠かせません。

 

ちなみに美容室などでも使われる「テスコム・NOBBY」のドライヤーがオススメ↓


風量・温度もちょうどよく乾かしやすい。それとマイナスイオン搭載なので仕上がりよく髪がまとめられますからね。

 

髪型セット⑤:ヘアアイロンで形つくり

次に「ヘアアイロン」にて型をつくっていきます。

これは自分のスタイリングの種類を広げ、スト値改善のためにも不可欠な手順。

  • クセ毛改善
  • パーマ風ヘア
  • 毛束感あるヘア

上記の髪型が、数十分で手に入るのでやらない手はありませんよね。

 

クセ毛など、髪によるスト値ダウンも防ぐため「ヘアアイロン」はマスターすべし。

ちなみに「アレティ」のヘアアイロンなら、驚くべき速さで温度を上げられますよ。忙しい時間でもヘアセットが可能。

男性はコレを使っておけば損しません。

 

≫アレティ・ヘアアイロンを見る

 

髪型セット⑥:ワックスで立たす

アイロン後に、「ワックス」を使って髪を立たせばスト値UP。

理由としては髪に動きがつくため。

束感がありカッコ良く、好印象なヘアスタイルができ大幅なスト値変化が期待できます。

 

覚えておくのが下記のこと。

  • 根元から立たす
  • ムラをなくしてからつける
  • 指の隙間にワックスつける

これにより失敗せずに、ボリュームのある髪型作成が可能。

 

男性

軟毛なんだけど立ちやすいワックスない?

という方にオススメするのがこちら!


上記ワックスのセット力は強力。めちゃくちゃ軟毛の筆者でさえボリュームある髪型を作れましたからね。

ニオイも良く、なんといっても洗い流しやすいのが利点。

 

髪型セット⑦:テールコームで最終セット

仕上げとして、「テールコーム」を使います(太すぎる束などを咲いたりできる用品。)

下記のような先が細いくしのこと!

 

 

テールコームを使う理由は、ワックス後に束感を均一にするため。

バランスの良い束感や、顔にあう髪型の形をセットしやすいので1つはもっておくべし。

 

髪型セット⑧:ヘアスプレーで固める

最後に「ヘアスプレー」を使って固めていきます。

今までの手順でセットした髪を、長時間キープするために使う用品のこと。

 

デート前にセットしたはずが、風などの原因でここぞという時に髪型スト値がだだ下がりだと意味ありませんよね。

スト値をキープするためにも「ヘアスプレー」は、髪型セットで必要不可欠。

 

束感を崩したくない方は、リップスのスプレーを選ぶべき。


キープ力が抜群で、全体にムラなくかけられるのでオススメ。

カッコいい髪型のまま、女性とデートしたい方はリップス・ヘアスプレーで間違いなし。

 

スト値が下がる?【髪型セット・注意点】

ワックスの使い方を教える

髪型をセットすることで、スト値は変化して高くなります。が、それは正しく整えた場合。

実はいくつか注意点がいくつか。

  • ブローが不完全
  • ワックスのつけすぎ

順に紹介しますね。

 

ブローが不完全

ブロー(ドライヤーの風)が不完全だと、スト値が変化するヘアスタイルになるのは難しいです。

理由は簡単で、それ以後のヘアアイロン・ワックスが思うようにスタイリングしにくくなるから。

 

髪セットは、ほぼブローで決まります。

ですのでスト値変化したい方は、ドライヤーの手順を一番練習しましょう。

 

ワックスのつけすぎ

ワックスをつけすぎると、スト値ダウンの原因になります。

というのも、べたつきすぎて見た目がきもくなるから。

白いものが浮き出たり、脂っぽくなると清潔感も下がります。

 

そのため、ワックスは「適量」をつけるようにしましょう。

 

スト値は髪型で変わる!ヘアスタイルは大事:まとめ

 

ということで、スト値を改善する髪型セット手順8つを紹介していきました!

顔の印象を大きく変えるため、ヘアスタイルはスト値において超大事。

すぐに外見に反映されるので、スト値改善の順番としては初めの方にやるのがオススメですね。

 

ちなみにさらにスト値変えたい方は、男のスト値基準は10つ【すべてケアで差別化】をどうぞ。

 

今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

スト値とは?【表・測定方法】スト値とは何の略?語源や意味を解説【スト値表の測定方法が丸わかり】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です