モテる外見になる15の改善術【陰キャ→陽キャ身なりノウハウ】

舌ブラシとは?効果・種類を紹介!【選び方は3つを基準に】

舌ブラシとは?効果・種類

 

男性

・舌ブラシとは何?
・効果や種類が知りたい!

こんな疑問にお答えします。

 

舌ブラシとは、舌専用のブラシ。

刺激を与えずに、舌をケアできる便利アイテムです。

実は口臭予防の効果が…!

 

今回はそんな舌ブラシについて、詳しく紹介していきます。

この記事で分かること
✔舌ブラシとは?
✔舌ブラシ・効果
✔舌ブラシ・種類
✔舌ブラシ・3つの選び方

 

≫【必見】7つの口臭対策アイテム【使わないと損】

 

舌ブラシとは?

舌ブラシ

繰り返しますが、舌ブラシとは舌専用のブラシのこと。

舌を傷つけずに、優しくケアできる用品です。

 

舌ブラシを使う意味

男性

歯ブラシではダメなの?

結論:ダメ!

理由は刺激が強いから。

 

歯ブラシの毛は固めで、舌を傷つける恐れがあります。

そのため、舌掃除は舌ブラシが必要。

柔らかい毛束のある舌ブラシを使うことで、優しくケアできるからです。

 

舌ブラシ・効果

舌を出す様子

舌ブラシでケアすることで、3つの効果が期待できます。

  • 舌苔の除去
  • 口臭の予防
  • 誤嚥性肺炎の予防

順に説明します。

 

舌苔の除去

舌ブラシでケアすることで、舌苔を除去できます。

 

舌苔とは、舌表面の垢

「うがい」ではとれない舌苔を、舌ブラシで磨くことで除去が可能に!

 

  • 舌炎
  • 味覚障害
舌苔を放置しすぎると、上になることも。こまめにケアしよう!

アライブ

 

口臭の予防

舌ブラシのケアで、口臭予防の効果があります。

理由は先述の、舌苔が除去できるから。

 

舌苔は口臭原因の1つ。

ニオイの元となる舌苔を除去することで、口臭のケアができます。

 

誤嚥性肺炎の予防

舌ブラシのケアで、誤嚥性肺炎の予防ができます。

 

誤嚥性肺炎とは、気道に細菌が入り込んで起こる症状。

アライブ

食事中にむせた時に入りやすい

 

細菌とは、舌苔のことでもあります。

つまり舌苔除去⇒誤嚥性肺炎の予防につながるということ。

 

舌ブラシ・種類

タブのイラスト

舌ブラシの種類は主に3つ。

  • へらタイプ
  • ブラシタイプ
  • へら+ブラシタイプ

1つずつ紹介します。

 

へらタイプ

へらタイプとは、シリコン・ゴムでできた舌ブラシ。

広範囲の汚れを、そぎ落とすのが特徴。

素材的に、舌に優しくケアできます!

 

ブラシタイプ

ブラシタイプとは、毛がついた舌ブラシ。

細かい汚れを、かき出すのが特徴。

毛の繊維により、ざらついた部分の汚れも落としてくれます!

 

へら+ブラシタイプ

へらとブラシが一緒になった舌ブラシ。

へらとブラシの良い部分を、両方持っているのが特徴。



 

舌ブラシ・3つの選び方

選択する様子

舌ブラシのオススメの選び方は3つ。

  1. 握りやすさ
  2. 届きやすさ
  3. しなりやすさ

簡潔に説明します。

 

①握りやすさ

まず握りやすさが選ぶポイント。

安定して持てる舌ブラシを選択しましょう。

 

グラグラすると舌ケアしづらく、刺激を与える可能性もあります。

手にフィットするのがオススメ

アライブ

 

②届きやすさ

次に、届きやすさが選ぶポイント。

舌の奥まで届く、長い舌ブラシを選択しましょう。

短いとケアしにくく、「おえっ」とえづきやすいですからね。

 

③しなりやすさ

最後に、しなりやすさが選ぶポイント。

しなりやすいと、

  • 使いやすい
  • 傷つけにくい
  • えづきにくい

上のメリットがあるからです。

 

効果的に舌ケアできるので、しなりやすい舌ブラシを選択しましょう。

 

舌ブラシはNONIO舌クリーナー+ジェルがオススメ

 

オススメの舌ブラシはこれ。

「NONIO舌クリーナー+ジェル」


値段約700円。

 

こちらの舌ブラシは、舌に優しい設計となっています。

  • 高密度毛束
  • やわらかい毛束

舌の汚れをしっかり取りつつ、舌に刺激を与えないのが特徴。

 

更に舌専用のジェルが、汚れを浮かせてくれます。

優しく安価でケアできる!

アライブ

≫NONIO舌クリーナーセットをレビュー!

 

舌ブラシ・Q&A

意見交換のイラスト

舌ブラシについて、疑問がある人もいますよね。

  • 1日何回磨く?
  • 朝と夜いつ磨く?
  • 味覚障害になる?
  • 交換時期・寿命は?
  • 歯磨き粉はつける?

そこで上記のQ&Aを順に紹介します。

 

1日何回磨く?

1日で1回でOK!磨きすぎると舌に刺激がいきますからね。週に2~3回でも良いでしょう。

 

朝と夜いつ磨く?

朝夜どちらでもOK!ただオススメは朝。舌苔は睡眠中にたまりやすいからです。

 

味覚障害になる?

なる可能性もあります。ただし舌苔の取りすぎ・強く磨きすぎなどの場合。そのため適切な使い方はするのが大事。

≫舌磨きの正しいやり方とは?

 

交換時期・寿命は?

商品によって異なりますが、約1ヵ月が交換時期の目安。汚れがたまったりしたら、もっと早めに交換しましょう。

 

歯磨き粉はつける?

歯磨き粉は刺激を与えるのでNG!舌専用のジェルを使いましょう。

 

舌ブラシの効果で舌ケアしよう

 

ということで、舌ブラシについて詳しく紹介していきました。

 

舌ブラシを使うことで、口内がより綺麗に保てます。

口臭の予防にもなるので、使ってみてはいかがでしょうか。

口臭にオススメ・舌ケア用品3選【厳選】口臭予防にオススメの舌ケア用品3選+1を紹介! 今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です