モテる外見になる15の改善術【陰キャ→陽キャ身なりノウハウ】

乳液とは?成分・効果・使い方を紹介!【3つの種類】

乳液とは?成分・効果・種類

 

男性

・乳液とは?
・成分や効果が知りたい!

こんな疑問にお答えします。

 

結論から言いますと、乳液とは乳状の化粧品。

要するにスキンケア用品です。

 

今回はそんな乳液について詳しく紹介していきます!

 

この記事でわかること
✔乳液とは?
✔乳液・効果
✔乳液・使い方
✔乳液・種類

 

乳液とは?

化粧品

繰り返しますが、乳液とは乳状のスキンケア用品。

水分・油分を皮膚に与える不透明な液です。

男性も使っていいんだよ!

アライブ

 

乳液の成分

一般的な乳液の成分は主に下の4つ。

  • 水分
  • 約20%の油分
  • 乳化剤(水と油を混ぜ乳化する役割)
  • 保湿成分(ヒアルロン酸など)

先述通り、水分と油分が含まれてます。

 

乳液の効果

乳液の水滴

乳液の効果は主に2つ

  • 保湿効果
  • 肌質を改善

簡単に説明していきます!

 

保湿効果

乳液には、保湿効果があります。

つまり肌の乾燥を防ぐ効果。

 

乳液の油分で表面を覆い、肌の水分を蒸発させないようにするからです!

 

保湿することで

乳液の油分で覆うことで3つの良いことが起こります。

それは下のこと。

  • 洗顔で落としすぎた油分を補給
  • 化粧水の成分の蒸発をストップ
  • 美容系の成分の蒸発をストップ

結果、肌の乾燥を防ぐ!

 

化粧水とは?成分・3つの効果を紹介!

 

肌質を改善

乳液には、肌質を改善する効果があります。

それは肌に良い成分(水分・油分・保湿成分)がバランスよく入っているから。

アライブ

そのため肌トラブルを改善してくれるよ!

 

乳液の使い方

綺麗な葉

続いて乳液の使い方を紹介します。

  • 乳液はいつ塗る?
  • 乳液の適量
  • 乳液の塗り方

上記を順に見ていきましょう。

 

乳液はいつ塗る?

乳液は、朝・夜の化粧水をつけた後に塗るのがオススメ。

化粧水をつけ、乾いてから塗るのが効果的です。

人によっては美容液の後!

アライブ

 

化粧水の正しいつけ方とは?3つの注意点

 

乳液の適量

乳液の適量は、手・コットンによって異なります。

  • ⇒1円玉大~10円玉サイズの量
  • コットン⇒10円玉サイズの量

塗りすぎるとベタつくので注意。

 

乳液の塗り方

  • コットン

上記に分けて塗り方を紹介します。

 

といってもほとんど同じ。

力加減が違うくらいです。

 

乳液・手の塗り方

顔の内側⇒外側に伸ばして塗ります!

ムラなく均一に塗るのが大事。

 

乳液・コットンの塗り方

顔の内側⇒外側に伸ばして塗ります!

 

ただコットンの場合、2つの注意点が。

  • 優しく塗る
  • 乳液を多く浸す

上記をすることで、肌に摩擦がおきず塗ることができます!

 

乳液の種類

多数の化粧品

乳液は主に3種類あります。

  • 保湿乳液
  • ティント乳液
  • UVカット乳液

順に見ていきましょう。

 

保湿乳液

保湿乳液は一般的なタイプの乳液。

保湿効果があり、肌の表面を覆い乾燥させにくくします!

男性は保湿乳液がオススメ!

アライブ

乳液・豆乳イソフラボン【乳液・豆乳イソフラボン】効果・口コミは?メンズが評価レビュー!

 

ティント乳液

ティント乳液は、化粧下地としても使える乳液。

色がついているのが特徴です。

 

肌のくすみをカバーし、綺麗な肌に見せることが可能!

 

UVカット乳液

UVカット乳液は、紫外線をカットもできる乳液。

これ1つで乳液+日焼け止めとして使えるので、夏にオススメ!

 

乳液の効果はスキンケアに必須!

 

ということで乳液について詳しく紹介していきました。

 

肌の乾燥を防ぐため、乳液はスキンケアに必須!

特に男性は化粧水だけ塗る人が多いため、乳液も塗るように心がけましょう!

 

ちなみに男性は、女性よりも水分蒸発量が約2倍ですよ。

男女の肌質の違いとは?男性の肌ケア方法を解説!

 

今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です