メガネをきれいな状態で維持したい!汚れ、傷がつきにくい保管方法を5選まとめてみた!

こんにちはアライブです。

みなさんは普段メガネをどのように保管、手入れをされていますか?

長い期間メガネを使っているとレンズに指紋、ほこり、傷がつきますよね。

あるいはフレームが曲がったり、、なんてこともあります。

実は傷、汚れがつきにくい使い方が色々あるのです。

例えばメガネを外すときは、片手だけではずすとフレームが曲がる要因となるので両手を使って外す、、とか。

メガネは一度買ってから長期間使用するアイテムなのであまり傷、汚れをつけたくないですよね。

というわけで今回はメガネをきれいな状態で維持する方法をまとめてみました!

メガネをきれいに維持する方法5

折りたたみ方

メガネフレームの折りたたむ部分をテンプルと言いますが、皆さんはテンプルを折りたたむ時、左右どちらから折りたたみますか?

左から先?右から先?

一般的なメガネは左から先に折ると綺麗にたためます。

f:id:araibu100:20191009232922j:plain

右利きの人が多く、右側のテンプルが上にあるほうが使用するときに開けやすいからこのような作りになってます。

(※全てのメガネがそうではないです)

実際自分のメガネで試してみたら、確かに左から先に折る方がきちっと型にはまった?ような感覚になりました。

別に右からでもよくない?と思いますよね。

ですが綺麗に折りたたむことで安定して置くことができるのです。

この安定することによって落ちたりせず傷がつきにくい保管方法へとつながります!

置く向き

さきほど安定して置けることが重要といいましたが、では置くときの向きはどのようにすればよいのでしょうか。

メガネを折りたたんだ状態

レンズがついている面を上にして置いてください!

f:id:araibu100:20191005114745j:plain

レンズの面を下にすると置いた場所にあるホコリやごみなどがレンズにつきます。

もしそこが平な面ではなくザラザラしていたら傷や汚れが付くことにもなるので、レンズの面を必ず上です!

メガネを開いた状態

顔にかけてる状態を逆さまにして置くのが正解です。

f:id:araibu100:20191009232800j:plain

逆さまにするとテンプルが面にしっかりと付くので重心が安定します。

顔にかけている状態で置くと、テンプルが浮きグラグラして重心が安定しません。

置く向きひとつでよごれ、傷がつきにくくなるのでとても大切です!

ケースに入れる

f:id:araibu100:20191011115346j:plain

やはりメガネケースにいれる!

これが綺麗な状態を維持する保管方法で一番重要だと思いますね。

メガネケースに入れれば持ち運びが便利ですし、もし落としたりしてもメガネを保護するのに重要な役割を発揮します。

(ケースに入れるときはメガネ拭きをしいてレンズ面を下にした状態、レンズをメガネ拭きでくるんだ状態)

リンク

家で長時間使わないけど、メガネケースからいちいち出し入れするのがめんどくさいという方は

メガネスタンドがオススメです

ケースよりは保護力が落ちるかも。

ですがその辺にメガネをほったらかしで置いていくよりも、メガネスタンドに入れた方が傷や汚れがつかず、出し入れしやすいです。

リンク

メガネの拭き方

メガネ拭きで指紋やほこりをふく。

これは多くの方が行っているかと思います。

ですが注意が必要です!

乾拭きをしてはいけません。

乾拭きをすることによって、レンズについているホコリ、汚れなどの小さい異物が引っ張られ傷になります。

そのためメガネ拭きをする場合は、まず水洗いをしましょう(お湯は?)

※水洗いがダメなメガネもあります。

リンク

メガネの拭き方

お湯ではない水でレンズについたホコリ、汚れを洗い流し、水分をふき取ってからメガネ拭きで丁寧に拭く

メガネのシャンプー

もっとレンズをきれいにしたい。

鼻パッドの脂、フレーム部分の汚れもなくしたいという方。

メガネのシャンプーや洗剤がオススメです!

(※洗剤を使う場合は必ず中性洗剤を使ってください。)

メガネのシャンプーはメガネ専用の中性洗剤!

スプレーで泡を吹きかけ水洗いをするという簡単な作業となっていてレンズ、鼻パッド、フレームの汚れ部分を洗うことができます。

リンク

僕もメガネを頻繁に使っていた頃はメガネのシャンプーで定期的に洗っていました。

値段がお手頃で、洗う前のレンズよりきれいになり、鼻パッドについていた脂などを洗浄できたのでとても便利ですよ!

www.araibu100.com

保管方法 まとめ

というわけで今回はメガネの保管方法を5選を紹介していきました。

最後に下記に箇条書きでまとめたのでご覧ください!

メガネの保管方法まとめ

  • 折りたたむ時は左から
  • 折った時はレンズを上にして置く
  • 折らない時は逆さまの状態で置く
  • ケースに入れる
  • 水洗いしてから拭く
  • メガネのシャンプーなどで洗浄

(ですがやはり長期間使用すると、いつかは何らかの汚れがついちゃいますよね。)

以上 メガネの汚れ、傷がつきにくい保管方法でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です