モテる外見になる15の改善術【陰キャ→陽キャ身なりノウハウ】

歯磨きがめんどくさい?【5つの対策があります】

歯磨きめんどい・5つの対策

 

男性

・なんで歯磨きってめんどくさいの?
・対策方法が知りたい!

こんな疑問にお答えします。

 

結論から言いますと、歯磨きがめんどくさい理由は時間帯によるもの。

そのせいで5分程度でもしんどくなる。

 

今回はそんな歯磨きがめんどくさい方に向けて、5つの対策を紹介していきます!

この記事で分かること
✔歯磨きがめんどくさい・理由
✔歯磨きがめんどくさい・対策
✔歯磨きがめんどくさい・悲報

 

歯磨きがめんどくさい理由

茶色い歯ブラシ

歯磨きがめんどくさくなる理由は、簡潔に言うと時間帯によるものだから。

 

それがこちら。

  • 朝の歯磨き⇒眠い、時間がない
  • 昼の歯磨き⇒食後で眠い
  • 夜の歯磨き⇒眠い、疲れている

時間帯的に眠くなったり、疲れていたりするのが主な原因。

 

しかも毎日続きますからね。

そのため5分程度の歯磨きが、面倒くさいのはしょうがないことです。

 

だから食べない?

男性

歯磨きがめんどくさい、、だからご飯食べるのやめよう。

というのはオススメしません。

 

たった5分程度の歯磨きのために、エネルギー補給をやめるのは本末転倒ですからね。

空腹だと口臭もきつくなるし!

アライブ

 

歯磨きがめんどくさい・5つの対策方法

緑の歯ブラシの画像

歯磨きがめんどくさい方に向けた、対策方法は下記の5つ。

  1. ながら磨き
  2. 習慣にする
  3. 電動歯ブラシを使う
  4. 少し良い歯磨き粉を使う
  5. 磨きしないデメリットを知る

順に紹介します。

 

① ながら磨き

まず「ながら磨き」をすること。

歯磨きをしながら他のことをすることで、めんどくさい気持ちが少しは和らぎます。

 

例としてはこれら。

  • 足のストレッチ
  • 目を休ませる・体操
  • かかとの上げ下げ運動

上記を目的にするのも効果的。

 

歯磨きをしよう!ではなく、ストレッチをするための手段として歯磨きするかぁ、ぐらいがモチベーションを保つのには良いです。

 

② 習慣にする

2つ目が歯磨きを習慣にすること。

ただ、習慣にするのがめんどくさいはずなので、今回は割愛します。

 

ちなみに筆者の習慣にした技としては、化粧水⇒乳液を付ける間に歯磨きをするようにしたことです。

アライブ

化粧水が乾くまでの間を有効活用したよ!

 

③ 電動歯ブラシを使う

電動歯ブラシを使うことも対策のひとつ。

理由は磨く時間が短縮するから。

 

手をあまり動かさず約2分で磨けるので、めんどくさい気持ちが減少します。

≫手磨き・電動歯ブラシどちらが良い?【結論:電動歯ブラシ】

 

口腔内の汚れも、より除去できるのでオススメ。

GALLEIDO DENTAL MEMBER」なら月額280円払えば使えるので参考にどうぞ。

電動歯ブラシが280円?サブスクで電動歯ブラシが280円?理由・メリット・デメリットを解説!

 

④ 少し良い歯磨き粉を使う

少し良い歯磨き粉を使うことで、歯磨きを楽しめます。

例えばホワイトニング歯磨き粉

歯が白くなっていくのを期待・実感することで、エンジョイしながら歯磨きすることが可能。

 

アパガードプレミオ」なら1,500円程度で、白い歯が期待できるので損はしません。

 

≫アパガード・プレミオは効果ある?レビュー!

 

⑤ 歯磨きしないデメリットを知る

最後に歯磨きをしないデメリットを知ることで、めんどくさい気持ちの対策ができます。

 

主なデメリットは下記。

  • 歯垢ができる
  • 虫歯ができる
  • 口臭がきつくなる

 

歯垢ができる

歯垢ができてしまいます。

歯垢とは、簡単に言うと細菌のこと。

後述する虫歯や、口臭の原因になります。

 

虫歯ができる

歯磨きをしないと、虫歯ができてしまいます。

理由は先ほどの歯垢。

 

  • 口臭の原因に
  • 治療にかかる費用
  • 治療にかかる時間

上記のデメリットを考えれば、たった5分程度の歯磨きをした方が良いと思いませんか!

 

口臭がきつくなる

最後に口臭がきつくなるデメリット。

理由は歯垢・虫歯ができるからです。

 

  • 自信をもって喋る
  • 気になる異性に好かれる

上を目指すには、口臭は予防すべき。そのためにもめんどくさい歯磨きを頑張るべし!

≫【必見】7つの口臭アイテムとは?

 

歯磨きがめんどくさい方へ・悲報です

注意する男性のイラスト

言いづらいのですが、歯磨きがめんどくさい方に悲報です。

実は歯ブラシだけだと6割しか汚れが落とせていません。

これは調査によって確認された事実!

アライブ

 

そのため最後に、口内の汚れをさらに落とす併用ケアを3つご紹介していきます。

 

歯間ケア

まず歯間ケア。

歯と歯の間にある、歯ブラシでは取れない汚れの除去ができます。

 

  • 歯間ブラシ
  • デンタルフロス

上記などを使用することで、汚れ落ち率が8割まで上げることが可能に!

≫歯間ブラシとは?【3つの効果】

 

舌磨きケア

次に舌のケア。

舌についている、舌苔という汚れを落とすことができます。

 

  • 舌ブラシ
  • 舌専用ジェル

舌に刺激を与えないために、上記のアイテムを使うようにしましょう。

≫舌磨きとは?必要ある?【3つの効果を解説】

 

マウスウォッシュ

最後にマウスウォッシュ。

口に含んですすぐだけで、口腔をケアできる洗口液です。

 

  • 虫歯の予防
  • 歯垢の付着防止

たった数十秒で、上記の効果が期待できる便利アイテム。使用してみてはいかがでしょうか。

≫マウスウォッシュとは?【効果・種類】

 

めんどくさい歯磨きを対策しよう!

 

というわけで、歯磨きがめんどくさい方に向けて5つの対策をしょうかいしていきました。

簡単にまとめるとこちら。

  1. ながら磨き
  2. 習慣化する
  3. 電動歯ブラシの使用
  4. 少し良い歯磨き粉を使用
  5. 歯磨きしないデメリットを知る

 

めんどくさい歯磨きを克服できるように、紹介した対策を参考にしていってください!

今回の記事は以上です。

最後までご覧頂きありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です